まめまめしく行こう!!

豆のような栄養たっぷりの日記であります! 乱暴な喰いっぷり、そして軽いフットワークでチョロチョロ徘徊。 “地味でオサレに”をモットーに福岡市からチョイト離れた片田舎より発信するローカルブログ。 只今更7年目。 現在、結婚して北九州へ移住。 「忠実忠実しい=ほね惜しみせずに、よく働くようすである。」

jazz/soul 他

デビュー50年 究極のベスト50曲 スティービー・ワンダー

滅多にアルバムを出さないで有名なスティビーがデビュー50周年を記念して発売したアルバム。しかも日本独自企画盤。
知ってる曲が沢山だけど、この曲は本人が自ら選んだ曲なのだ。

恋愛・家族愛・友情(赤CD)
永遠のメッセージ(青CD)
社会問題と調和、デュエット(黄CD)

と3部構成。

スティービー本人がこれを私達に聞かせたい曲なのねと1曲ずつ考えながら聞いた。

レイトリーを歌詞を読みながら聞いた時、グーッと来てしまった。。
ウルウル。嗚呼セツナイ・・・

他にもいい曲がたくさん。

スティービーのCDを持って無い人は是非買うべき!50曲フルに楽しめますよ♪

何度聞いてもいい曲はいい!



トッテモォーアイシテマス。トッテモォーアイシテマス。
03

04

2007年 仙台へスティビーのコンサートを聴きに行ったのは私の中でも思い出の一つ。
遠い所までいったもんだ。。。。

67歳のソウルパワー!

かっこよすぎるぜ!スライのおっちゃん!
あの時のもみ上げはなくなったけど、パープルモヒカンですか!
TOO ファンキー!
スライ

松山千春 “天才” 2008年コンサートツアー

19224372.jpg


12月11日 松山千春のコンサートに行く。

母はファンで友達と行く予定だったのだが、1人行けなくなったらしく、私にチケット回ってきた。

ハイハイ!私いきます!是非っっ


千春の有名な曲はそこそこ歌えるクチ。

初めてのフォークシンガーコンサートにちょっとウキウキ。

サンパレスへ向かう。今サンパレスって入り口が変わってるんだねぇ?
知らんかった・・・

ちょっと早めに着いたけど、めちゃくちゃ凄い人(おばちゃん)人人。
きっと50代が平均年齢くらいだと思う。
凄いです。。。
逆に私みたいな娘年齢の人が少ないのでかえって目立つ状況。。。

会場に入るも・・・超超超満員。立ち見の人も居る。
千春の人気に圧倒。

18時30分コンサートスタート。

3曲歌った後にあのMCが始まった。。。

曲もすばらしいが、トークがちかっぱい笑える。そのトークがしょっぱなから30分以上も続く。どっかんどっかんとすべりなし。。

私もバカ笑いして横腹が痛くなった。

そんな感じで1幕が終わり。2幕へ・・・

歌ってはトークの繰り返し。全然飽きないのねー。
トークを聞きにきてるのか、歌を聴きに来てるのかどっちか分からん感じ、笑。
面白い話の後に、急にジーンときちゃう歌なんか聞いたり・・。

トークは、最近狭心症で倒れた経緯。その後の話。政治の話。歌が出来たいきさつ。もーーとにかく盛りだくさんでトークのキレが半端じゃありません。

2時間が過ぎて幕が下りて、アンコール。

これから又1時間。。。


とにかく盛り沢山。ファンを大事にしてるのがヒシヒシと伝わってきた。
3時間のコンサートだった。


きっと狭心症で倒れ、その後のコンサートをキャンセルにしたので、その分盛りだくさんにしてくれたような気がする。

あの人は自分でも言ってるけど、一流の歌手だと思う。

おばちゃん達の心をギュッと鷲掴みにしてはなさい気だ。

千春の男気にほれてしまう1夜だった。

こんなコンサートは初体験だった。いい経験できたなー。

Bobby Caldwell(ボビー・コールドウェル)

ブルーノートが無くなって、初めてのビルボードライブです。

昔ほどライブに行く機会が無くなってしまい・・数年経過。

深夜番組のTVCMでボビー・コールドウェルが来るのをいきなり知らされる。
「わ”ーーっ!!」度肝を抜かれて目が冷めた。
一度は見てみたかったアーティストの一人。でも福岡に来る事は絶対ないやろ・・と諦めてた。

それが・・来ちゃうのねぇ?涙。 絶対にライブ伺いますから。。。

私がモリモリから譲り受けたボビーのDVD(LIVE in Tokyo 1991)は、何度繰り返し見たか分かりません。 なんだかうっとりしちゃうのよねぇ?

でDVDでしか見た事の無いボビーがっ、目の前に現れるんですキラキラ

席は最前列を確保。ボビーまで1mの距離。 ヤフードームやマリンメッセでは味わえない距離です。

DVDで見たボビーは17年前の映像。(多分今57歳くらい)今どうなってんのかなぁ?と思ったら・・ヲォ?っ!ヘアスタイルが若々しい。宣材写真とは全然雰囲気が違うブロンドやん。顔つやもなかなかでメタボリックな体系とは無縁のスタイル。そしてスマートなスーツをバシッと着て清潔感あふれるジェントルメン。想像よりちょっと小柄かな。デビッド・サンボーン位。

そうそう、客層がビックリなんだけど女性が多いのねぇ?。流石にヤングな子は居なかったけど、40代よりちょい上くらいのマダムが沢山いらっしゃいました。

うっとりの1時間15分。あっと言う間の時間やったねぇ? ボビーの声は当時と殆ど変わらないパフォーマンスだったので、聞き応え十分のライブでした。

念願のボビーに会えて本当に幸せでした。 今からボビーのDVDを又みたいと思います♪
25ead800.jpg

ボビーが終わったらNEXTはクリストファー・クロス。このライブもみた?い。
AOR好きやなぁ?私。

押尾コータロー LIVE

へみ子からメールでライブのお誘い。
彼女の大好きな“押尾コータロー”ライブにいかが??と。。

ライブかぁ? 最近久しく生演奏を聞く機会なかったし、インス系は好きやし、それよりさるちゃんの結婚式以来会ってなかったへみに会いたい。
OKと返事を返す。

(この間へみ子のシュールなメールを堪能)

へみJr.はコータローライブの前日に入園式だったそうだ。
もうそげんデッカクなったとぉ?? 子供の成長はほんっと早いねぇ?(^_^.)
1a86cd7b.jpg


場所は福岡国際会議場。初めて足を運ぶ会場だ。
会場入りをし、へみ子を待つ間続々と集まるコータローファンを見る。

私はてっきり女の子ばっかりだろうと思ってたがそーじゃなかった。

全体的に決して若くない客層だが、学生風の男の子達。ファミリー。そして50代オーバーのオッチャン達。へぇ?っとコータローのファン層の厚さに驚く。

歌なし、ギター1本でどんなパフォーマンスするんだろう?
かなり興味津々だ。

定刻通りにライブが始まる。
コータローのファンではないが、やっぱドキドキする。。

1曲目から目からうろこ状態。
これ一人で弾いてんのぉ??と驚きの演奏。
目をつぶれば、バックに誰か居るんとちがう??と錯覚する程のギタープレイだ。

ハードなプレイからスロウなプレイまで自由自在に操るギター演奏に聞きほれる。 音の広がりがすばらしい。  

コータローの繊細な音がカラカラに乾いた心の膜にスーっと染み込んできて、しっとりと心を満タンに潤わせてくれる。 そんな音が心地よい。

MCも生まれが大阪とあってなかなか面白い。

最後は会場の後ろ側から登場してファンを喜ばせてくれた。
ファンサービスも満点二重◎。
目の前でコータローのギターテクを見ようと若い男の子達はコータローの手を間近で凝視してた。

あっと言う間の2時間半。へみっ、誘ってくれて有難う。
そしてCDもサンキュ。


帰りは、祇園町うま馬で〆の一杯。
35de630b.jpg
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール
ギャラリー
  • マリンワールド
  • マリンワールド
  • マリンワールド
  • 井原山登山&キャンプ
  • 井原山登山&キャンプ
  • 井原山登山&キャンプ
  • 井原山登山&キャンプ
  • 井原山登山&キャンプ
  • 井原山登山&キャンプ
  • 初めての苺狩り
  • 初めての苺狩り
  • 31アイス
  • 初めてのケーキ作り
  • 初めてのケーキ作り
  • 初めてのケーキ作り
QRコード
QRコード
福岡県の天気
  • ライブドアブログ