屋久島5泊6日の最後の朝、自分が冷蔵庫に入れてる食材を食べ切り、残りの食材はさかな君に託す。

帰りのロケットにはまだまだ時間があるので、白浜へ行く事にした。
荷物は宿に置かせていただいて、宿のママチャリを借りてビュンビュン飛ばす。
台風一過の影響で、ジリジリを焦げ付くような日差し。アチチチチ汗
毎日このジリジリでなくて良かったワ。

途中アスファルトが無くなり砂利道になる。自転車を降り押して奥地へ進むと・・ 花崗岩やら丸い石やらで美しい川原に出た。そして誰も居ない・・・。 

自転車をとめてパンツのすそをめくり、入水。ぷはぁ???っ、気持ちイイ??。
39287253.jpg

屋久島の川は何処も水が澄んでて美しい。普通ならペットボトルやらゴミが山積してる川を想像するが、これが無いんだよねぇ?。

な?んにもする事なく、なんとなしにボーっと水面を眺める。
結構川の流れって早いんだねぇ?。
今度は目をつぶって太陽を浴びる。「川の音」「鳥の声」「セミの声」それ以外なにも聞こえない。静かな音の響き。
b7cc1017.jpg

旅に出て6日目。どうしてこんなに時間が経つのが早いんだろう。
凝縮した数日だったが、思ってた程遊び足りない・・。
まだ行って無い所、行きたい山が沢山ある。

山々を眺めながら、大きく深呼吸。 「又来るけん。」と心に誓った。
01a5860c.jpg

白浜の上流付近でもカヌーの練習してるツアーがあったけど、下流の方でも楽しんでるんだねぇ?。
4be098b5.jpg


川から上がり、宮之浦の津々浦々を自転車で探険しよー!とウロウロとポタリング開始。 しかし・・・暑過ぎやしねーかい?途中スーパーでビールを買って一気飲み。
そーいや、屋久島の事が全て分かるセンターがあるって聞いたなぁ?。上映もしてるらしいので、チョイト寄ってみる。
屋久島環境文化村センターのドアを開けると・・天国。涼ししぃぃ??天使

500円を払って大型映像ホールの映像を見に行く。超特大のスクリーンに映される屋久島は圧巻だった。ヘリから撮ったであろう映像がなんとも凄い。まだ行った事の無いエリアも映されたので、じっくりと見入る。

映像が終わると、今度はインストラクターの方が屋久島の展示ルームをコーナーづつ説明。これ聞いたらほぼ屋久島の事分かるんじゃない??って位分かりやすく説明してくれた。結構な団体の後ろに居たんで、聞きづらい所もあったので、私はもう1周。勉強になりました!
そーいや、街の風景って写真に撮ってなかったな・・と思いついた様にパシャリ。ここが「宮之浦港入口」の信号。メインストリート。この通りは御土産店がずらりと並ぶ。
1aba26ce.jpg

それと・・・いつもは「旅」と言えば「食べ物」がメインだったが、ストイックな旅だったもんで、外食は一切無し。最後くらい食べなきゃねぇ?と思って、名物の「とびうおのから揚げ」を頂く。初めて食べたバイ!こっちじゃ「アゴ」って言うけど、から揚げは食べんもんね。刺身は食べるけど。
腹ペコだったんで、ガツガツと食べる。r(^_^.)
45ddb6bc.jpg

そんなこんなしてると、いきなり雲行きがおかしくなってきた。
一瞬でマックスに達した雨がザーーーーーーーーーーっ!と降ってきた。
とんでもない雨だ!

まずい!!チャリでチンタラしてられねー。ギアを入れて・・ママチャリにギアはねーー! 自力で宿まで全速力でブッ飛ばす。

宿に着いた時は既に全身びしょぬれ。コレで福岡に帰る予定なのにぃ?。
とりあえず宿で雨宿り。

いや?っ、朝暑過ぎたものぉ??。奥岳の方に雲がわいてるのは分かってたけど、こんな早い時間にスコールが来るなんて思いもせんかったわ!

宿でオーナーと話しながら雨がやむのを待つ。するとオーナーが港まで送ってくれるという。有り難く甘えることにした。感謝。

15:50屋久島→18:30鹿児島 2時間40分 片道5000円
a6c2b3fb.jpg

行きのフェリーとは全然違うなぁ?。ただ、甲板とかに出れないから景色をみたりするのは期待できないね・・・。ロケットの席から宮之浦を見ると、雲に包まれてた。雨もポツリ。

でもこれが屋久島なんよね。ほぼ雨が降るから。晴れてる方が珍しいくらい。
屋久島に居ると、雨に慣れる感覚を覚える。 そっかそっか、じゃっあそこで遊ぼうってね。なんかポジティブな感じ。
5421bfb5.jpg

え??っと、席に着いて数分で爆睡ですよ!!途中佐多岬を見て、又おメメがしょんぼり。ZZZ
気づいたら桜島が目の前に!wao!

ほんとはココから歩いて駅まで行くつもりにしてたんだけど・・・
今日に限って錦江湾の花火大会だと!港には恐ろしい人・人・人の群。
ななななんだぁ??これは!!

でタクシーに乗りました。逆走ではあるけど動かねー。と言って逆走してこの巨大な荷物を背負って歩道を歩く自分を想像すると、タクシーに乗って正解と思った。 タクシーのオッチャンには直ぐに屋久島帰りだと分かり、「ちゃんと三岳買った?」と聞かれた。「勿論ですよ!笑」なんて会話。
世間話をしながらJR鹿児島中央駅前までつけてもらった。 
4ea0775c.jpg

新幹線の時間までまだ余裕があったので、夕食をアミュプラザで買う。
美味しそうな豚の角煮の入ったおこわがあったのでGET。そして鹿児島名物のさつま揚げを1枚買ってトッピング。 
新幹線が動くと同時にガツガツを食べはじめる。
あぁ?っ、うめぇ??。最高じゃ?ん!
腹いっぱい食べると眠気が・・・さっき船で寝たやん!と言われそうだど、また寝ちゃった。チュー
aca0641d.jpg


今回の旅は初めての一人旅。一生思い出に残る旅となるはずだ。
計画からチケット・宿・ガイドの手配、一人でなんでもこなした。
自分で作り上げたオリジナルの旅。怪我もせず遭難もせず、無事福岡に戻ってこれた。そしてこのブログも書き上げた。NO.21まで書いちゃったよ・・・(-_-;)

この旅にあたって強力なサポートをしてくれたゆかちゃんに感謝感謝です。
ほんっとーーーーに有難うキラキラ


次の屋久島はもっともっと充実した旅が出来そうだ。
必ずステップアップして戻ってくるからねー。

これで私の屋久島一人旅はおしまいデス。